エディー・ケスラー


ケスラーが自殺しようとしています。

Edward Anselm “Eddie” Kessler(Anthony Laciuraが演じる)は、Nucky Thompsonの心のこもった忠実なアシスタント兼バレットです。ドイツ人駐在員で、英語を話します。非常に太いアクセント。キャラクターは、本物のナッキー(エノックL.ジョンソン)のアシスタント、ボディーガード、ドライバーであった歴史上の人物、ルーイケスラーに基づいています。

コンテンツ

  • 1バイオグラフィー
    • 1.1背景
    • 1.2シーズン1
    • 1.3シーズン3
  • 2つの関係
  • 3つの思い出に残る引用
  • 4つの出演

経歴[編集|ソースの編集]

背景[編集|ソースの編集]

米国に移住する前は、ケスラーはドイツのハノーバーでアシスタントデパートマネージャーを務めていました。 。彼は結婚していて、2人の子供がいました。店のランジェリー売り場で働いていた女性と浮気をし、妻と子供たちを残して彼女と一緒に逃亡した。その女性はすぐに関係を終わらせた。

ケスラーは、現在の市の会計係であるナッキー・トンプソンのやや不幸な助手でした。ドイツ人移民として、彼は必要に応じて職務を遂行しましたが、日常的に誤解されたり、上司や他の人たちに誤解されたりしていました。彼の最善の意図の意図しないコミカルな後遺症がしばしばありました。エディは常に電話に出ており、運転手と同じくらい一般的なものであれ、もっと不吉なものであれ、ナッキーに欲しいものや必要なものを提供する準備ができていました。興味深いことに、彼はピストルを持っていることが明らかになり、それでまともなショットでした。

より多くの刑事責任を求めてナッキーに懇願した後、ケスラーは駅で連邦捜査官のノックスとフーバーに迎えられました。エージェントは彼を国外追放の脅威とケスラーが将来の要求に応じない場合に彼の捨てられた家族に直面するために戻ることの恥で情報提供者に変えました。

シーズン1 [編集|ソースの編集]

主な記事:エディーケスラーシーズン1

シーズン3 [編集|ソースの編集]

主な記事:エディーケスラーシーズン3

関係[編集|ソースの編集]

  • ナッキートンプソン:雇用主(故人)
  • オーウェンスリーター:同僚、ナッキーの運転手(故人)
  • ハーラン:同僚、ナッキーの靴磨き
  • リッツカールトンホテルマネージャー:同僚
  • ジミーダーモディ:ナッキーの元ドライバー(故人)
  • マーガレットシュローダー:ナッキーの妻
  • ルーシーダンジガー:ナッキーの元ガールフレンド
  • アイザックギンズバーグ:ナッキーの弁護士
  • チャルキーホワイト:アフリカ系アメリカ人のコミュニティリーダー兼ブートレガー(故人)
  • チャールズケネストログッド:米国弁護士事務所のナッキーのほくろ
  • ハリードーハティ:弁護士総長
  • ソロモンビショップ:州弁護士
  • ラルフカポネ:アソシエイト
  • ケスラー夫人:妻
  • コンラッドケスラー:息子
  • ルーカスケスラー:息子
  • 名前のない孫、経由ルーカス

思い出に残る引用[編集|ソースの編集]

  • 「それはシュヴァルツェの言葉でなければなりません。」
  • ナッキー:「あなたドイツにパイを持っていますね」
    • エディ:「シュトルーデルがあります。」
  • 「ナッキー?はい、彼はいい人です。トンプソンさんはとてもいい人です。」
  • 「あなたは男らしいやり方でノックするように私に言った。」
  • 「私はあなたが何を意味するのか知っている。あなたはシュランペが欲しい。」
  • (反ドイツ感情を作る警備員に-ドイツのコメント)「嫌いな人」
  • 「ジェームズ・ダーモディは死んだ」 (「ポニー」)
  • 「ナッキー。ナッキー…配達があります。」 (「男、計画…」)
  • 「私はあなただけに気を配ります。それが私がするすべてです。それが私の人生です。」 (「2人の詐欺師」)
  • 「トンプソン氏はすべての一部です。彼は空と海にいます。彼は「夜の子供たちの夢の中にいます。彼は永遠に存在するすべてです。」 (「辞任」)

外観[編集|ソースの編集]

シーズン1の出現
ボードウォークエンパイア アイボリータワー ブロードウェイリミテッド アナスタシア
バリーグランの夜 家族の制限 楽園で私を抱きしめて
ベルファム エメラルドシティ パリグリーン 通常の状態に戻る
シーズン2の登場
21 私たちだけ 危険なメイド 蜂は何をしますか?
Gimcrack & Bunkum The Age of Reason Peg of Old 2隻のボートとライフガード
世紀の戦い ジョージアピーチ 神の力の下で彼女は繁栄します 失われた人へ
シーズン3回の登場
「解像度」 「スパゲッティとコーヒー」 「ツナの骨」 「ブルーベルボーイ」
“You” d Be Surprised “ ” Ging Gang Goolie “ ” Sunday Best “ ” The Pony “
“The Milkmaid” s Lot “ ” A Man、A Plan … “ ” Two Imposters “ 「マーゲートサンド」
シーズン4の外観s
「ニューヨークサワー」 「辞任」 「ダイヤモンドのエーカー」 “オールイン “
” Erlkonig “ ” The North Star “ ” William Wilson “ 「シオンの古い船」
「結婚と狩猟」 「ホワイトホースパイク」 「HavreDeGrace」 “Farewell Daddy Blues”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です