桐山家

漫画の中の桐山家

メンバー[編集|編集元]

  • 桐山和雄(リーダー)(小説とマンガのみ)
  • 沼井満(映画のリーダー)(小説とマンガの2番目の指揮官)
  • 笹川竜平
  • 黒永博
  • 月岡翔
  • 金井泉(映画版のみ)

プレ-プログラム[編集|編集元]

天才レベルのIQとどんな状況にも素早く適応する才能でリーダーである桐山和雄が率いるギャング。しかし、彼は「ギャングのいじめの多くには関与せず」、誰かが彼に挑戦した場合にのみ関与します。ギャングの2番目の指揮官は沼井充であり、ミツルが殴打されている間にカズオが他のギャングを簡単に倒した後、カズオのリーダーを任命した。その後、彼は彼に非常に専念するようになります。他のメンバーも和夫に畏敬の念を抱いており、彼のギャングに参加した理由かもしれません。

映画の中のミツルのギャング。

フリムでは、和夫が転校生であるため、霧山家は存在しませんが、沼井充が率いるギャングがいます。小説や漫画とは異なり、偶然そこにいなかったことが示唆されているので、金井泉は映画のキリヤマギャングのメンバーだったと推測することもできます。

プログラム中[編集|編集出典]

小説と漫画の中で、和夫は、生徒が学校から解放されたときに島の南端で彼に会うようにギャングにメモします。月岡翔を除くすべてが到着します。泉金井も到着するが、たまたま間違った場所に間違った時間にいるだけで、泉は黒永宏、笹川竜平と一緒に刺され、沼井満は後で到着し、死体を見ると、和夫がなぜだと答えたのかと尋ねる。コインを投げてゲームをするかどうかを決めて死んだ可能性があります。カズオは説明の直後にミツルを撃ちました。月岡翔はこのイベントを目撃し、ゲームがほぼ終了するまで気づかれずにカズオをフォローすることにしました。和夫を殺し、その時までに和夫は弱体化すると考えている。やがて和夫は翔が追いかけていることに気づき、危険地帯になりそうなエリアにあるトイレに行って騙す。トイレにいる間、和夫はボトル入りの水を切って、小便をしているように見せます。翔はギリギリで和夫の計画を理解し、首輪が爆発する。

この映画では、沼井のギャングが和夫を人質に取り、北野のスパイだと信じている。和夫はなんとかオープニングを獲得し、竜平のウジをつかみ、ギャングのすべてのメンバーを殺します。泉は映画版のメンバーでもあり、霧山によって殺された最後のメンバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です