Bebot (日本語)

「Bebot」は、2006年にリリースされたBlack EyedPeasアルバムMonkeyBusinessの8番目で最後のシングルです。この曲は完全にタガログ語で、フィリピンのスラングから「bebot」という用語が使われています。 「きれいな女性」、「熱いひよこ」、「湯たんぽ」、または「赤ちゃん/ベイビー」。[1]曲の中で、apl.de.apは、フィリピン人移民としての彼の人生と、パーティーで出会うすべての女性について語っています。

コンテンツ

  • 1背景情報
  • 2音楽ビデオ
    • 2.1批判
  • 3関連項目
  • 4参考資料

背景情報[編集|ソースの編集]

  • ライター:will.i.amおよびapl.de.ap
  • 録音場所:The Stewchia-カリフォルニア州ロスフェリズ
  • 長さ:3:30(アルバムバージョン)
  • 前のシングル:「GoneGoing」
  • 次のシングル:「MasQueNada」

音楽ビデオ[編集|ソースの編集]

「Bebot」用に作成された、第1世代と第2世代というタイトルの2つのミュージックビデオでした。彼らはキッドヒーローズプロダクションのパトリシオジネルサによって監督されました。彼はまた「TheAplSong」を監督し、フィリピン系アメリカ人の成長物語映画、デビューをプロデュースしました。これらは2006年7月上旬に撮影され、2006年8月4日にオンラインで初公開されました。どちらの動画も、主にフィリピン人、フィリピン系アメリカ人、その他のアジア系民族を特集しています。

第1世代は、1936年にカリフォルニア州ストックトンで開催されます。Apl.de.apは、アスパラガス畑で働く多くのフィリピン人農家の1人です。仕事の後、彼らが楽しみにしているのは、ベストスーツを着て、ストックトンのダウンタウンのリトルマニラセクションに向かうことだけです。彼らが見つけたのは、リサール社交クラブで昔からのパーティーです。それでも、Aplは隣の別の「パーティー」に忍び寄るときに、他のアイデアを持っています。このビデオは、Black EyedPeasのDVD「LiveFromSydneytoVegas」に収録されていました。

第2世代は現代で行われ、Black EyedPeasがAplを拾って巨大な場所に連れて行っているところを示しています。フィリピン系アメリカ人のパーティー。ただし、Aplは妹を連れて行く必要があります。その後、バーベキューピクニックに行き、その後ハウスパーティーで終わります。ビデオビデオは、カリフォルニア州ロサンゼルスのさまざまな場所で撮影されました。ドレ博士の「NothingButAG Thang」のビデオも撮影された、現代的なケネスハーンパーク。アメリカンアイドルのジャスミントリアスは、Aplの妹としてカメオ出演します。[1]

批評[編集|ソースの編集]

ビデオはフィリピン系アメリカ人の間で人気がありましたが、誰もが満足しているわけではありませんでした。フィリピン系アメリカ人の学者のグループは、AplとディレクターのPatricio Ginelsaに公開書簡を書き、「私たちは、性欲過剰なフィリピン人のフーチーママダンサーの描写に完全に失望しています…」と述べました。フィリピン人女性の非常に限られたステレオタイプ:処女、娼婦…そして甲高い母親。」 Patricio Ginelsaは、2つのBebotビデオを擁護しています。彼は、フィリピン人を悪性化させるつもりはなかったと言います。むしろ、タガログ語のビデオにAplが存在することは、フィリピン系アメリカ人の誇りの源です。[2]

関連項目[編集|ソースの編集]

  • Bebotの歌詞
  • Aplの歌-似たような歌

参考文献[編集|ソースの編集]

  1. ↑1.01.1 http://kidheroes.net/bebot/about
  2. ↑http://www.theworld.org/?q = node / 7121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です